©2019 by 第19回模擬国連会議関西大会. Proudly created with Wix.com

事務総長挨拶

 第19回模擬国連会議関西大会を、2019年8月26日から8月28日にかけて、神戸で開催させていただくことになりました。来年度20周年の節目を迎える当大会の運営をすることは大変光栄であり、事務局員一同張り切って準備をすすめております。

 本年第19回大会を開催できますのは、ひとえに皆様の温かいご支援、ご愛顧の賜物であり、この場を借りてお礼申し上げます。

 さて、模擬国連とは、一人一人が各国の大使を担当し、国際会議を模擬する活動のことです。起源は戦前にも遡るとされ、現在日本では大学生を中心に活動の輪が広がっています。この活動は実際に、過去に起こった出来事や現在実際に起こっている多国間外交を体験することで、国際政治や国際問題への理解を深めることができます。ただし、単にディベートのように相手を論破するだけではなく、国際社会での評価や外交関係、国内政策、世論など様々な要素を考慮しながら、他国をひきつけ味方にしたり、自分や相手との妥協点を探ったりするなど、様々な駆け引きを行います。

 

近年では、国際問題にとどまらず、多様な議題を用いて会議が開催されており、さらに活動の幅が広がっています。また、そうした中で関西の地で当大会を開催することは、さらなる模擬国連の普及と発展に貢献すると期待しております。

 第19回大会では参加者の皆様に様々な模擬国連の楽しさ、奥深さを感じていただけるよう、大学生に向けて、7つの日本語会議を提供致します。

 これからも関西大会は、さらなる高みを目指すとともに、模擬国連の普及と発展に寄与してまいります。今後とも本活動並びに本大会へのご理解とご支援、そしてご参加を賜りますよう、お願いを申し上げます。

 

第19回模擬国連会議関西大会運営事務局事務総長

白須理紗子

「春から模擬国連活動を始めた、または数年続けているが、まだその実態がわからない。」

「もっと模擬国連活動の深みを知りたい。」

「どこか挑戦する機会が欲しい。」

皆さんは何を求めて模擬国連の世界に飛び込み、なぜ模擬国連を続けているのでしょうか?

第19回模擬国連会議関西大会のコンセプトは以下のようなコンセプトを掲げています。

Bon voyage!!

bon voyageとは旅立つものに対する「よい旅を!」という意味をもつフランス語の挨拶です。

神戸の地で、大学生にとって大事な夏休みという時期に、全国の学生が一堂に会して真剣に議論する貴重な機会に模擬国連に取り組んでみませんか?

第19回模擬国連会議関西大会は、模擬国連をはじめた皆さん、または続けている皆さんに、大きな模擬国連の機会を提供致します。

皆さんにとって、関西大会で一度模擬国連と向き合うことが、次を見据える「きっかけ」になることを願っています。

皆様のご参加を心よりお待ちしております。

第19回模擬国連会議関西大会 事務局員一同

IMG_6647.JPG

開催日程:2019/8/26~8/28

全行程終了致しました。ご支援・ご協力ありがとうございました。